愛媛の良いとこ情報

東予エリア

上島町

上島町基本情報
●面積 30.42 km²
●総合人口 7,281人
●町の花 ウバメガシ
●町の木 桜

上島町といえば・・・

青いレモン

岩城島では30年ほど前から島の特産品として村おこしを始めました。
しかし、当時「レモンは黄色」という固定観念が強くなかなか受け入れてもらえなかったそうです。
しかし、農家さんが試行錯誤しながらレモンを育て、島全体で地道な宣伝を続けて行くうちに認知度が高まったそうです。
因みに、青いレモンとは“採れたて”“新鮮さ”の代名詞で、本来レモンは熟しても青色(グリーン)らしくビックリです。

ハンジキ踊り

8月には盆踊りが各地で開催されますが、生名の盆踊りは別名「ハンジキ踊り」と呼ばれ、旧生名村の無形民族文化財に指定されているそうです。
ハンジキというのは、磯の泥池の穴の中に住んでいる体長5~6cmほどのシャコのような節足動物のことで、後退する習癖があります。
この踊りの起源は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにまでさかのぼります。
この時西軍に属していた村上水軍は、東軍の松山を攻めようとして三津浜に上陸しましたが敵のわなに陥り敗退しました。
その故事により、新仏の位牌を入れたソーメン箱を背負い、ハンジキが後ずさりするような独特な踊りが生まれたと言われています。

三千本桜

岩城島の中央部に位置する積善山は桜の名所で、3,000本の桜並木が続いています。
4月上旬の開花期には全国各地からの花見客でにぎわい、港から約6kmの道のりは絶好のハイキングコースになっているそうです。
因みに「岩城の桜を一度観たら、一年長生きができる」という噂があるらしいので、一度は訪れて、長生きできるようになりたいものです。

その他の良いとこ情報

東温市

東温市といえば・・・ どてかぼちゃコンテスト 東温市青年農業者協議会のメンバーの一人が農業研修で訪米した際、最大直径1m近くに育つ飼料用かぼちゃ「ビッグマックス」の種を持ち帰り、どてかぼちゃを通じて全国の農業者及び地域住…

鬼北町

鬼北町といえば・・・ 鬼北熟成雉 きじは日本で古来より食べられていましたが、自然生態系の環境の変化によりきじの生息数も減少し食卓で食べる機会は減ってしまいました。 しかし、「古(いにしえ)の味を食卓へ」を合言葉に急速凍結…

特別コンテンツ

PAGE TOP