愛媛の良いとこ情報

南予エリア

松野町

松野町基本情報
●面積 98.50 km²
●総人口 4,187人
●町の花 エビネ
●町の木 ヒノキ

松野町といえば・・・

森の国戦国武者伝走大会

伊予(愛媛)と、土佐(高知)の国境に位置する『森の国松野町』。
武者達が特製の段ボール甲冑(カラーリング自由)を身にまとい、古の山城、戦場跡を駅伝形式で全5区間駆け抜けます。
閉会式の最後は三本締めではなく、勝ち名乗りで締めるそうです。
因みにランナーは段ボール甲冑ですが、当日の大会本部では、町長や来賓や役員さんたちは本物のレプリカモデルを着用しているそうです。
観に行くだけ・・・いえ、ここは参加してみたいものですね。

雷漬

地元産のカブと柚子を漬け込んだ甘酸っぱい味が特徴で、噛んだときにバリバリと音がするので「雷漬」と名付けられています。
驚くべきは、地元農家の女性で構成する雷漬生産グループが、カブの種まきから漬物になるまでの工程を、機械に頼らず全て手作業でこなしているという点です。
愛情たっぷりの「雷漬」を食べながら、もりもりご飯を食べたいものです。

天然うなぎ

松野町松丸では昔からうなぎの漁が盛んで、うなぎ料理は松野町の郷土料理として知られています。
養殖うなぎと天然うなぎでは、色が違います。
養殖うなぎの背は青色で腹部は真っ白ですが、天然うなぎの背はあめ茶色で腹部が黄金色ですなのが特徴です。
『海の魚は身から、川の魚は皮から』という言葉があるように、うなぎは皮からじっくり炭火で焼きあげていくことで美味しく仕上がるそうです。

その他の良いとこ情報

東温市

東温市といえば・・・ どてかぼちゃコンテスト 東温市青年農業者協議会のメンバーの一人が農業研修で訪米した際、最大直径1m近くに育つ飼料用かぼちゃ「ビッグマックス」の種を持ち帰り、どてかぼちゃを通じて全国の農業者及び地域住…

内子町

内子町といえば・・・ 酢卵 「酢卵」は昔から滋養強壮のために利用されてきた健康飲料です。 「酢卵パワーを皆さんに知ってもらいたい。」、「飲みやすい酢卵を皆さんに届けたい。」、そんな思いから、おいしい酢卵を作るために30年…

特別コンテンツ

PAGE TOP