愛媛の良いとこ情報

南予エリア

鬼北町

鬼北町基本情報
●面積 241.87 km²
●総人口 11,100人
●町の花 ツツジ
●町の木 ヒノキ

鬼北町といえば・・・

鬼北熟成雉

きじは日本で古来より食べられていましたが、自然生態系の環境の変化によりきじの生息数も減少し食卓で食べる機会は減ってしまいました。
しかし、「古(いにしえ)の味を食卓へ」を合言葉に急速凍結等、古来より愛されてきたきじ肉の旨味を、年間を通じて味わう事ができるようになっています。
また、きじ肉は高タンパク・低カロリーで、アミノ酸バランスにも優れているようなので、ダイエットにもってこいのお肉らしいですよ。
因みに、平安時代から飲まれていたとされる「雉子酒」は、現在でも宮中に新年を祝う御膳「晴れの膳」に饗されるのが習わしだそうです。

でちこんか

鬼北町の秋の恒例イベントで、ジャンボきじ鍋を美味しくいただいたり、前夜祭には和太鼓集団「魁」の演奏を楽しんだりすることができます。
また、鮎やマス、あまごの掴み取りに挑戦する事もできるそうです。
因みに「でちこんか」とは、「出てきませんか」を意味する鬼北町の方言だそうです。

安森洞そうめん流し

標高360m御在所山の中腹に通称「風穴」と呼ばれる「安森鍾乳洞」があります。
「安森洞」は、安森鍾乳洞に続くと思われる「水穴」を地元有志の方々が掘り進んだ洞窟ですの事です。
洞窟から湧き出る冷水を利用した安森洞そうめん流しは、特製の麺つゆとユズ、薬味等をつけて家族みんなで美味しくいただけます。
敷地内では、釣堀でニジマス釣りや安森洞の探索なども体験できますので、一度体験してみてはいかがでしょうか。

その他の良いとこ情報

伊予市

伊予市といえば・・・ 大谷池 大谷池は最大貯水量1,759,000トンにのぼり、愛媛県だけではなく四国でも屈指の大きさを誇るため池であり、伊予市平野部の田畑838haに農業用水を供給しており、農業を営むうえでの礎になって…

松前町

松前町といえば・・・ はんぎり 「はんぎり」という桶を使って体一つで漕ぎ進み、その速さを競うのが「はんぎり競漕」です。 海は波があるので流されて思うように進めなかったり、勢い余ってひっくり返ったりとハプニングも面白く、観…

特別コンテンツ

PAGE TOP