愛媛の良いとこ情報

南予エリア

愛南町

img-ainan

愛南町基本情報
●面積 239.62 km²
●総人口 22,752人
●町の花 アケボノツツジ
●町の木 ウバメガシ

愛南町といえば・・・

天嶬の鼻

南予十景の第1位にも選ばれた、足摺宇和海国立公園に属し、高さ約70m以上もの断崖や荒々しい岩礁が連なる景勝地です。
切り立った断崖に整備された遊歩道を降ると、海に向かって巨大な奇岩怪石が乱立しており、造礁サンゴ類が広がる紺碧の海との対比も相まって美しい景観を観ることができるスポットです。
また、近くには高野長英設計の砲台場跡や石塁もありますので、歴史散策に訪れてみるのも良いですね。

闘牛

愛南町は「闘牛」の発祥の地として、土俵上で1トンを超える巨大な牛が荒々しく激突する愛媛県南予地方ならではの行事です。
牛がぶつかり合う音、甲高い勢子の声が響き渡る会場は迫力満点です。
歴史としては江戸時代にまで遡るそうで、当時は「突き合い」と呼ばれていて安政3(1856)年に野村組の庄屋文書に、当時の様子が見えるそうです。

愛南ゴールド

品種を河内晩柑といい、生産量日本一を誇っている柑橘です。
糖度は約11%ほどですが、ほどよい酸味の効いた「苦味のない日本版グレープフルーツ」のような味わいが特徴です。
実は、河内晩柑は寒さには大変弱く、寒波には耐えられない品種ですが、愛南町の温暖な気候に大変マッチし今に至るようです。
愛南ゴールドの食べごろは4月から6月との事なので、暑さを増してくる時期には甘さと爽やかな酸味が体に隅々まで行き渡ることでしょう。

その他の良いとこ情報

img-niihama

新居浜市

新居浜市といえば・・・ 新居浜太鼓祭り 四国三大祭りの一つに数えられ、古く平安時代あるいは鎌倉時代まで遡るとも言われています。 神輿に供奉する山車の一種で、信仰を対象とした神輿渡御の際、その列に参加して厳かに供奉し、豊年…

img-iyo

伊予市

伊予市といえば・・・ 大谷池 大谷池は最大貯水量1,759,000トンにのぼり、愛媛県だけではなく四国でも屈指の大きさを誇るため池であり、伊予市平野部の田畑838haに農業用水を供給しており、農業を営むうえでの礎になって…

特別コンテンツ

PAGE TOP